BLOG
ブログ

4/15(日)肋間神経痛

2018/04/15

こんにちは!

フリーストレッチング大宮店です!!

 

ブログの更新も久しぶりになってしまいすみません。

これからも更新していきますので、お時間がある時にでも読んで下さいm(__)m

 

今日はお天気が安定していませんね…

お出掛けされる方はお気を付けください(><)

 

今日は、先日お客様からご質問があった

『肋間神経痛』(ろっかんしんけいつう)について書いていきます。

 

まず、肋間神経痛とは、胸や脇腹が突然痛んだりする症状です。

肋間神経痛は病気が原因の場合もありますので、簡単に解説していきます。

 

今まで皆さんは突然、胸が痛いなぁと感じたことはありますか?

もしかすると、その痛みが肋間神経痛(ろっかんしんけいつう)かもしれません!!

 

肋間神経痛は主に、胸や脇腹、背中に痛みが走るケースがありますが、

突然胸が痛むと心臓や肺の病気かもしれないと不安を感じる人もいると思います。

しかし、肋間神経痛は心臓や肺などに異常が起きている訳ではありませんのでご安心ください!

肋間神経痛の原因は、肋間神経という肋骨に沿っている神経が圧迫されたり、傷ついたりすることだと言われています。

 

肋間神経痛の症状には以下のような原因が挙げられます。

・感染症

帯状疱疹(たいじょうほうしん)の後遺症:帯状疱疹後神経疼痛

・骨や筋肉の病気

脊椎(せきつい)圧迫骨折

肋骨(ろっこつ)骨折

椎間板ヘルニア(ついかんばんヘルニア)

・手術の後遺症

乳がんの手術後:乳房切除後症候群

開胸手術後:開胸術後症候群

がんの転移

 

肋間神経痛は原因がはっきりとしている場合と、そうでない場合があります。

原因がはっきりとしている場合には、治療することで症状の緩和や完治が期待できますが、

原因がはっきりとしない肋間神経痛を『特発性肋間神経痛』と言い、

原因がないので症状を抑える治療が主体になります。

 

最後に肋間神経痛と似た症状が現れる主な病気を紹介したいと思います。

・心臓の病気

狭心症、心筋梗塞

・肺の病気

肺梗塞

気胸

・食道や胃十二指腸の病気

逆流性食道炎、潰瘍

・骨の病気

肋軟骨炎

 

原因のはっきりしないものとして

プレコーディアル・キャッチ症候群

 

などがあります。

 

気温による寒暖差や、新年度で慣れない環境で過ごされていると

身体にも精神的にも疲労が溜まる事もあると思います。

 

そんな時に、今まで感じたことないような痛みや違和感がある場合は、後回しにせず病院で検査してもらって下さい。

 

早期発見が何よりも大切です!!

 

明日以降も春の陽気が続きますので、

お休みの日は散歩などをして身体を動かしてあげて下さい^^

 

今日もよろしくお願いします♪

 

048-788-2819

〒330-0846

埼玉県さいたま市大宮区大門町3‐200 大西屋ビル1F

Facebook・Instagram・Twitter

↑『フリーストレッチング大宮店』で検索

★その他にもこんなお悩みのお客様にもご利用いただいています★

ボディケア / 整体 / 骨格調整(骨盤・顔・背骨・脚)

肩・首の疲れを癒したい

足のハリ・重みをスッキリさせたい

腰のハリを楽にしたい

眼疲労を改善したい

全身ケアしたい

手足の冷えをケアしたい

デトックスしたい

フットケアしたい

眠りの質をアップさせたい

脚のラインを整えたい

大宮でストレッチならフリーストレッチング大宮店
【電話番号】
048-788-2819
【住所】
埼玉県さいたま市大宮区大門町3丁目200 大西屋ビル1F
【アクセス】
大宮駅より徒歩7分
【営業時間】
11:00~21:00/予約最終受付20:00
【定休日】
木曜日
【SNS】
Instagram
YouTube
Twitter
Facebook

※フリーストレッチング大宮店は【ストレッチ体験20分 500円】を行っております。
※パートナーストレッチの技術を学びたいお客様はストレッチ教室は随時募集しております。
☏ご興味のある方は店頭までお問い合わせください!☏