BLOG
ブログ

7/3(火)紫外線対策と骨粗鬆症とストレッチ

2018/07/03

こんにちは!

フリーストレッチング大宮店です!!

 

梅雨明けして真夏日が続いていますが、体調を崩してはいませんか?

節電と言いますが、熱中症になってはいけないので、暑い時はきちんと涼しい環境をつくり出してくださいね!

 

しかし、屋内なら涼しい環境を作り出せますが、屋外ではいかがでしょう?

日傘や冷感衣類などでそれぞれ対策をとられているかと思いますが、今日は『日傘』にクローズアップしていきたいと思います!!

 

年々、日傘を使用している人が増えているように感じます。

最近は男性や子供にも浸透しており、日傘の相合傘なんてものも見かけます。

 

スタッフ平野も、以前アラサーになると同時に日傘を使用していましたが、最近は使用していません。

理由として、最初は面倒であったこともありますが、外に出る機会が減ったからです。

 

もちろんシミ対策として、日焼け止めは使用しています!

街中でもSPF50PA+++!!!

しかし、日焼けだけでなく、アラサー故の悩みも同時に出てきました。

それは『骨粗鬆症』!!

 

女性は避けて通れないと言っていいほど罹患率の高いもので、

3人に1人は罹患している現状です(*_*)

それが!!!

今や男性にも、そして子供たちにも増加しています!!

 

このような原因はなんと「日照不足」

先程出た日傘・日焼け止めも大きな原因となっているのです!!

その他にも、運動不足も挙げられます!

 

極端に言えば、目先のシミか未来の健康かというところです。

ですが、どちらも諦める必要はありません!!

 

まず、紫外線対策

外から守る方法はやはり日傘・日焼け止め!

ただ、日中、外にいる時間が1日15分以下の場合は日傘をやめるか、日焼け止めのSPFを下げるかして下さい。

紫外線を1日15分浴びる事で、カルシウムの吸収率を上げるビタミンDが生成され、骨形成が促進されます。

しかし、15分も紫外線を浴びるのは怖いという方は、食事で内側から対策を!!

 

食事の内容として、朝にはレモンなどの柑橘類、きゅうり、セロリ、パセリ、シソ、三つ葉、いちじく、キウイ、アセロラなどは紫外線を吸収しやすくなるので避けるようにし、夕食に食べるようにしてみてください!

反対に、予防として朝食べるのに適している栄養素は、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEの3つ。

これらを3つ合わせて、「ビタミンACE(エース)」と呼ばれています!

特にビタミンCは、抗酸化作用で肌の新陳代謝を促進させ、メラニン色素の生成を抑え、コラーゲンやエラスチンの生成を促し、お肌のハリと白さを保ちます。

このビタミンA・C・Eが、バランスよく摂れるのが「イチゴ」!

朝食や、お出かけ前のお食事に、イチゴを数粒食べるようにするとよいでしょう。

 

ビタミンCは、熱にも水にも弱く、調理したり、ヘタを取ってから水洗いしたりすると激減してしまいます。

また、食後の方がビタミンCを吸収しやすいので、食後のデザートとして食べると良いです。

 

ビタミンA・C・Eをそれぞれ豊富に含む食材は他にもたくさんあります。

例えば、ビタミンAは、ブルーベリー、レバー、ウナギ、ブロッコリーなど。

ビタミンCは、芽キャベツ、ゴーヤ、ブロッコリー、芋類など。

ビタミンEは、魚、貝類、ナッツ類など。

 

これらの食材を組み合わせて朝食にしてもよいのですが、これら全てを食卓に並べるのは大変ですよね。

この問題を一気に解決してくれるのが、カボチャとピーマン!

カボチャ、ピーマンには、のビタミンACE(エース)がバランスよく含まれています。

 

朝食のメニューには、イチゴ・カボチャ・ピーマンを、ぜひ積極的に加えていってみてください!

 

そして日焼けしてしまった時のアフターケアとして、「アセロラジュース」がオススメ!

アセロラには、ビタミンC、アントシアニン

という2つの強力な抗酸化物質が豊富に含まれています。

これらは紫外線で弱った肌細胞を修復し、日焼けによる炎症をケアします。

また、どちらもメラニンの生成を抑える作用を持っているので、浅黒い色素の沈着をダブルでブロックし美白を保ってくれるのです。

 

そして必ずたんぱく質、亜鉛も意識して摂りましょう!

ビタミンC、アントシアニンの他にも、美肌を守る栄養素は数々あり、特にたんぱく質と亜鉛がオススメです。

たんぱく質が不足すると、肌の新陳代謝が滞り、日焼けだけでなくシワやくすみの原因にもなります。

亜鉛は、人体に欠かせない必須ミネラルの一つです。肌の新陳代謝を促進し、炎症を抑えて、ツヤのある肌を保ちます。

亜鉛が不足すると、肌が自分で保湿する力が弱まり、かさついてしまいます。

また、ホルモンバランスが崩れ、くすみや皮膚炎など様々な症状を引き起こします。

 

たんぱく質を豊富に含む食材は、卵、チーズ、大豆製品、乳製品、鳥のささみなど。

亜鉛を豊富に含む食材は、牡蠣、海苔、納豆、しじみなど。

 

子供はビタミンD不足で『くる病』に、成人女性は『骨粗鬆症』に。

その他にも、日照時間が少ないと癌の発生率が上がるなんて研究結果も出てきています!!

日本人は皮膚がんの発症率は低く、シミや皮膚がんを気にして他の発症率の高い乳がんや大腸がんに罹患してしまったら元も子もありません。

ビタミンDの効果として、

・骨の形成に必要不可欠
・花粉症やアトピーの軽減(不足すると悪化)
・妊娠力を高める(不足すると多膿疱性卵巣症候群のリスク増)
・うつ病の抑制(不足すると季節うつ病の原因に)
・乳がん、卵巣がん、前立腺がん、大腸がんの抑制(不足すると発生、死亡リスク増)
・アルツハイマー病の抑制(不足すると発症リスク増)
・インフルエンザ発症の抑制(不足すると感染リスク増)
・筋肉の維持・増強(不足すると太りやすくなる)

などがあります。

 

日本人の骨密度のピークはなんと18歳!!

それ以降は緩やかに減少しますが、閉経後は急激に減少します。

そのため、閉経前から骨密度を高めて維持していくことが重要となります。

 

骨密度を高める、維持していくには骨に衝撃が加わる事でも骨形成を促進していきます。

これは、適度な運動で筋力をキープしていくことで骨密度キープと転倒予防の両方を賄え、維持していくには閉経後でも遅いことはありません!!

気付いた今から対策していきましょう!!

 

また、運動することで代謝も促進するので、色素沈着の予防にも繋がります!!

 

運動が苦手な人はまずはストレッチから始めてみてください!

特に下肢のストレッチがおススメです!!

下肢がオススメの理由として、骨粗鬆症が原因で寝たきりになる人は、多くが大腿骨や腰椎を骨折してなります。

そのため、下肢の骨密度を上げていくことが重要となってきます!!

 

ストレッチのやり方を知りたい方は、気軽にお問い合わせください♪

また、体験メニューもありますので、是非お試しください!

 

本日もよろしくお願いします^^

 

048-788-2819

330-0846

埼玉県さいたま市大宮区大門町3200 大西屋ビル1F

FacebookInstagramTwitter

『フリーストレッチング大宮店』で検索

その他にもこんなお悩みのお客様にもご利用いただいています

ボディケア / 整体 / 骨格調整(顔・背骨・脚・姿勢) / 骨盤調整

肩・首の疲れを癒したい

足のハリ・重みをスッキリさせたい

腰のハリを楽にしたい

眼疲労を改善したい

頭痛を改善したい

全身ケアしたい

手足の冷えをケアしたい

デトックスしたい

フットケアしたい

眠りの質をアップさせたい

脚のラインを整えたい

ダイエットしたい

ヒップアップしたい

紫外線対策

シミ対策

骨粗鬆症対策

ロコモティブシンドローム

アンチエイジング

寝たきり予防

大宮でストレッチならフリーストレッチング大宮店
【電話番号】
048-788-2819
【住所】
埼玉県さいたま市大宮区大門町3丁目200 大西屋ビル1F
【アクセス】
大宮駅より徒歩7分
【営業時間】
11:00~21:00/予約最終受付20:00
【定休日】
木曜日
【SNS】
Instagram
YouTube
Twitter
Facebook