仕組みと効果

2018/12/23
仕組みと効果

こんにちは!

フリーストレッチング大宮店です^^

 

 

本日のブログでは『ストレッチの仕組みと効果』についてふれていきます!

 

【ストレッチと横断的柔軟性の向上】

ストレッチには関節の可動域を広げる「筋肉の縦断的な柔軟性」の向上のほかにも、「筋肉の横断的な柔軟性」を向上させる効果もあります。

横断的な柔軟性とは筋肉を触ったときの柔らかさのことです。

これは主に筋肉が硬くこわばっているか、柔らかくほぐれているかといったコンディションを示すものです。

 

 

【筋肉を硬くする2つの要因】

筋肉の横断的な柔軟性には大きく2つの妻素があります。

1つは筋肉の材質的な弾性の変化によるもの、もう1つは筋肉の収縮(筋肉に力が入ってしまう)による神経

的な要素です。

ストレッチには、このこわばりの2つの要素を解く効果があることが分かっています。

 

 

【じっとしていると筋肉は硬くなる】

筋肉を動かさずにいたり、カが入り続けた状態でいると筋肉の材質としての硬さが時間とともに増していきます。

起床時や、同じ姿勢を取り続けた時に筋肉が硬くなっているのはこのような筋肉の特性と関係があると考えられます。

この材質的に硬く変化した筋肉をストレッチすることで、柔らかくほぐすことができます。

寝起きや同じ姿勢を続けた時に伸び(ストレッチ)をするのは、硬くなった筋肉を柔らかくほぐすための「自然な反応」といえそうです。

猫が昼寝から起きてくると気持ちよさそうに伸びをしているのも同じ理由です^^

 

 

 

【疲労のある筋肉は緊張している】

筋肉痛が起きているときや疲労が溜まっているときの筋肉は硬くこわばっていますが、このときの筋肉はわずかに収縮活動を起こしています(これを筋緊張といいます)

原因ははっきりしませんが、痛みなどの刺激が原因で筋肉に力が入ってしまうものと考えられます

ストレッチを行うことで、この疲労による筋活動(緊張)が抑えれることが分かっています。

 

 

これから年末年始でお休みを取られると思いますが!

寝正月にならないように、このタイミングで軽い運動を始めてみませんか^^

 

クリスマス、正月で貯蓄した「カロリー」を発散しましょう♪

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

※フリーストレッチング大宮では、【ストレッチ体験20分 500円】を行っております。

 

※パートナーストレッチの技術を学びたいお客様にも【ストレッチ教室】は随時募集しております。

 

ご興味のある方は、店頭までお問い合わせください!

------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

〒330-0846

埼玉県さいたま市大宮区大門町3‐200 大西屋ビル1F

 

048-788-2819

 

Facebook・Instagram・Twitter

↑『フリーストレッチング大宮店』で検索

 

★その他にもこんなお悩みのお客様にもご利用いただいています★

 

ボディケア / 整体 / 骨格調整(骨盤・顔・背骨・脚)

肩こり・首の疲れを癒したい

足のハリ・むくみをスッキリさせたい

腰痛を楽にしたい

眼精疲労を改善したい

全身ケアしたい・柔軟性アップ

手足の冷えをケアしたい

デトックスしたい

フットケアしたい

眠りの質をアップさせたい

脚のラインを整えたい