トレーニングにはストレッチが有効!?③

2020/08/17
ふくらはぎ痛み

こんにちは!
ストレッチ専門店「Free STRETCHING大宮店」です^^

本日で3回目になる《トレーニングにはストレッチが有効?》を書いていきますyes

ブログの内容は下記の3つをテーマに書いてきました♬

・1日目 ストレッチのタイミングは、トレーニングの前?後?

・2日目 何でトレーニングにストレッチが必要なのか?

・3日目 ストレッチのメリット/デメリット

 最終日3つ目のテーマ

【ストレッチのメリット/デメリット】
 

デメリットと聞くとマイナスなイメージになるかもしれませんが,,,
ここでのデメリットは1日目でお伝えした「ストレッチのタイミング」にも深く関わる内容です!

 

メリットは言わずとも大丈夫だと思いますが、主に

「怪我の予防」「パフォーマンスUP」

「メンテナンス」「体質改善」などがあります。



では、デメリットは何かsurprise?!
まず答えからお伝えすると「可動域が広がる事でのパフォーマンス低下」です。



具体例を出して説明すると、サッカーなどでボールを蹴る時にある程度の足首の硬さは必要になります。
逆にバレリーナのように、柔軟性が高いとボールを蹴る際のインパクトが弱まり、勢いがないシュートになってしまいます。

 

この様に、競技によって『硬さがある程度、必要な筋肉』も存在します。

トレーニングで言えば“手首”は柔らかすぎる事で、力が伝わりにくくもなり

場合によっては怪我のリスクも大幅に上がります。

 

ですが、「じゃあ、手首はストレッチしちゃいけない/硬い方が良い!」というわけではないのでご注意下さい!!

 

今回の手首の場合は

トレーニング“前” → 手首を回すだけの軽めのアップ

トレーニング“後” → 手首に関連する腕筋のストレッチを入念に行う

 

こんな流れでできれば理想的です!

トレーニングだけではなく、普段やっているスポーツでも、柔らかすぎるとパフォーマンスが下がる筋肉は存在すると思います。

 

その筋肉を見極めて、ストレッチのやり方を変えれば本番での筋肉パフォーマンスは今までに以上になります^^

競技別のストレッチが気になる方は、

是非Free STRETCHING大宮をご利用下さい♬

 

ただ、柔らかくするだけではなく必要な筋肉の柔軟性を見極め、ケア方法までしっかりとお伝えしていきます。

 

公式YouTubeの【伸ばし屋チャンネル】でも随時スポーツ系のストレッチもお伝えしていきますのでお楽しみに^^♬

 

【公式YouTube】

https://www.youtube.com/channel/UC8S42voxsPNE6DhM4tfq36Q?view_as=subscriber

 

▼ストレッチ体験▼

ストレッチ体験20分500円

 

▼パーソナルストレッチ教室▼

プロからパートナーストレッチの全てが学べます

 

☏ご興味のある方は、店頭までお問い合わせください!☏

048-788-2819

 

〒330-0846

埼玉県さいたま市大宮区大門町3‐200 大西屋ビル1F

 

Facebook・Instagram・Twitter

↑『フリーストレッチング大宮店』で検索

★その他にもこんなお悩みのお客様にもご利用いただいています★

ボディケア / 整体 / 骨盤調整(背骨・脚)

肩こり・首の張り(疲れ)

足の張り・むくみ

腰痛

眼精疲労

柔軟性アップ

手足の冷え性

デトックス

四十肩・五十肩

睡眠の質向上

坐骨神経痛