BLOG
ブログ

四十肩 ストレッチ

2023/01/05

四十肩、五十肩 ストレッチ

 

四十肩・五十肩は年齢のせいだ!

「歳を取ったら老眼になるように、40代になったら四十肩、五十肩になるのは仕方ないコトだ」

そう諦めている方もいますが…本当でしょうか。

 

四十肩・五十月は俗称で、正式には、肩関節周囲炎と呼び、肩関節の前肉の壁や、関節を関節包などで起

こる炎症から痛みが生じる症状です。

 

一般人口の2~5%が四十肩、五十肩かかるといわれ、女性(特に非利き手側)にやや多い傾向があると言われています。

両肩同時に発症するケースはほとんどみられませんが、片方発症した後に逆も発症するというケースは6~34%あるとされています。

また、糖尿病の患者様の場合は10~30%が発症するというデータもあります。

 

日常生活で、以下のような痛みが出た時は“四十肩、五十肩”かもしれません!

・洗濯物が干せない
・髪を結べない
・髪を洗えない
・頭より上にあるものが取れない
・つり革がつかめない
・エプロンの紐が結べない
・着替えや歯磨きが難しい
・おしりのポケットのものが取りにくい

 

どうですか?当てはまるモノありましたか?

そもそも、“四十肩、五十肩”の主な症状は、

・肩を上げると痛む

・手を後ろに回すと痛む

・痛みで腕を水平に保てなくなるなどです。

では、原因についてご説明していきましょう!

 

【四十肩、五十肩の原因は?】

四十肩、五十肩は、肩の関節にある「腱板」という組織が炎症を引き起こし「関節包」に広がる事で起こります。

これは老化に伴い、筋肉や腱の柔軟性が失われスムーズに動かなくなるからと言われています。

ですが実際のところ原因はハッキリとしていません。

 

次に【四十肩、五十肩は治るのか?】

まず始めに 四十肩、五十肩は三つの病期に分類する事ができます。

・疼痛(とうつう)期 (※炎症期とも呼ぶ)

→「疼痛期」の痛みは、腕を上げた時だけでなく、内側、    外側とすべての方向に動かした際にみられます。痛みは次 第に強くなり夜間痛もしばしばみられます。痛みから睡眠障害に至ってしまうこともあります。

 

・拘縮(こうしゅく)期

→拘縮とは、関節が縮んで肩の動きが悪くなった状態を言います。 痛みや夜間痛などは落ち着きますが、肩を動かした時の動作の最後の部分での痛みはこの時期に多く見られます。また、肩の動きが制限され、とくに手が後ろに回らなくなることが多くなります。

 

・回復期

→少しずつ可動域が改善されていきます。
ただし、中には痛みや拘縮が後遺症として残ってしまうケースもみられるため、 整形外科を受診し、しっかり治療する必要があります。

 

この三つの病期たどるのが一般的な経過で、原則的には時間の経過とともに良くなる病気です。

各期間が半年間継続し、四十肩、五十肩が発症してから治るまでに平均1年半かかることが多いです。

僕らトレーナーもお客様に四十肩、五十肩の、説明すると「そんなに長いの!?」と言われるコトは多々あります。

ですので、平均1年半と言われている期間を縮める為にもストレッチが重要になってきます!

では、【「四十肩、五十肩」どこをストレッチすれば良いのか?】

どの症状にも言える事ですが、痛みが出ている場所=原因筋というわけでありません。

重要なのは、「えっ!?そんな所が?」と思う場所に原因が潜んでいるコトが多くあります。

 

「四十肩、五十肩」の場合は、ストレッチした方がいい筋肉は以下の3つになります。

・腕橈骨筋(わんとうこつきん:肘から下の腕の筋肉)

・僧帽筋(そうぼうきん:首の後ろから鎖骨・肩甲骨の後縁までの広い筋肉)

・腰方形筋(ようほうけいきん:ウエストあたりにある腰の筋肉)

※お客様の症状の出方によって原因筋の違いはあります。

 

【四十肩、五十肩の治療方法は?】

四十肩の治療は、痛みと可動域制限を和らげることを目的とした『保存療法』が中心となります。
ただし、症状が病期によって異なるため、それに応じた治療(薬物療法とリハビリ)が必要となります。

 

疼痛期

痛みに対し消炎鎮痛剤などの「薬物療法」
睡眠障害がみられる場合は、関節内ステロイド注射を1~2週間の間隔で数回実施

痛みがなくなるまで肩を温める「温熱療法」

 

いかがでしたか?

 

このブログを読んで頂いて、「四十肩、五十肩」について知って頂いたら幸いです。

また、ストレッチの重要性に関しましては、別のブログ内でもご説明していますので、そちらもご参考ください。

当店のストレッチは、マニュアル化されていません。

問診→柔軟性の確認を行ったうえで、その方に合ったストレッチをご提供しております。

症状のコト、ストレッチを受けるにあたって、ご不明点やご不安な点がございましたらご連絡ください。

大宮でストレッチならフリーストレッチング大宮店
【電話番号】
048-788-2819
【住所】
埼玉県さいたま市大宮区大門町3丁目200 大西屋ビル1F
【アクセス】
大宮駅より徒歩7分
【営業時間】
11:00~21:00/予約最終受付20:00
【定休日】
木曜日
【SNS】
Instagram
YouTube
Twitter
Facebook

※フリーストレッチング大宮店は【ストレッチ体験20分 500円】を行っております。
※パートナーストレッチの技術を学びたいお客様はストレッチ教室は随時募集しております。
☏ご興味のある方は店頭までお問い合わせください!☏